​こだわりの国産食材

​小石川店の店長のお勧めの理由は、、、

実は、、小石川店の店長は元気な男の子のお母さん。手作りの餃子を

時間をかけて頑張って作っても、、すぐ食べ終わっちゃう!

 

「ん?」ってことは、、、?

『無添加の安心して食べられるぎょうざ屋さんってないのかな??

って探し始めたところから始まりました。

 

そこで出会ったのが、「目黒ぎょうざ宝舞」だったのです。

美味しくて、安心して食べられるぎょうざをみんなにも

食べてもらいたい!と思ったのがきっかけで

<目黒ぎょうざ宝舞・小石川店>が生まれたのでした。

DSC_9707 (1).JPG

TOPへ戻る

DSC_3580_R (1).JPG

お肉(阪東もち豚)

宝舞のオリジナル餃子、“和ぎょうざ”に使用しているお肉は、群馬県産「阪東もち豚」です。

阪東もち豚は、名水の多い群馬県の「高橋養豚場」で、大自然のきれいな水を飲んで育っています。良い水は肉に自然な締まりを与え、肉自体によけいな雑味を与えません。

豚を健康に育てることを一番に考え、コストを惜しまず、成長に合わせた最適な飼料を与えています。 添加物としての抗生物質や発育を早めるための油脂、出所のわからないものは一切使用していません。

pic_meat_005.jpg

お肉(松阪牛)

松阪牛&イベリコ豚の合挽き。最高級の極みぎょうざ。

当店の“松阪牛&イベリコ豚プレミアムぎょうざ”に使用しているお肉は名前の通り、牛肉の最高峰の松阪牛と豚肉の最高峰のイベリコ豚です。この2大ブランドを絶妙に組み合わせた合挽き肉により他のどんな、ぎょうざにも劣らない最高峰・最高級のまさに“プレミアム”ぎょうざが誕生しました。

松阪牛は、個体認識番号が付いていて、A4~A5ランクのモノを使用。さらに脂のうま味、メス牛のきめ細かい霜降りが代表的な代名詞として今日語り継がれています。脂と赤身のうま味がコラボすることにより、お口に入れたときは、あっさりして噛めば噛むほど濃厚な味が広がり絶妙なうま味を引き出して美味しく召し上がって頂けるよう工夫しています。

IMG_3145 (1).JPG

​キャベツ

宝舞オリジナル餃子“和ぎょうざ”は7割がキャベツで出来ています。 だから、とてもあっさりした味わいで“シャキシャキ”とした食感が特徴です。

国産100%の厳選素材のきゃべつは茨城県つくば市の契約農家から朝採りきゃべつを毎日配達して頂いて、新鮮なうちに餡にしています。当店が契約している農家では、畑での農作業と工場での加工作業をする人が同じだったり、栽培から加工までの強力な連携体制で農薬や異物混入などの品質管理を徹底的に行っています。こうした、栽培から加工までの一貫体制・徹底管理によって極めて栄養価の高いキャベツが当店に届けられています。

pixta_7388823_M (1).jpg

どなたでも“パリパリ・もちっと”焼き上げることが出来る魔法の皮です。

当店で使用している皮は餃子皮専門店でもちもちでサクサクに焼き上がるように特注して頂いています。製造法にこだわり、小麦粉は「麺用」ではなく「“超・最高級”のぎょうざ皮専用粉」を使用しています。それを冷凍保存をせずに冷蔵の状態で保管・配送しているので、まろやかな食感と小麦の風味を生かしています。更に馬鈴薯粉を使用しているので焼き面がサクッと黄金色に焼き上がります。

pic_garlic_001.jpg

にんにく

青森県産ブランドにんにく、福地ホワイト六片種、乾燥にんにくのみを使用。

青森県産福地六片種とは、その名のとおり青森県三戸郡福地村(現 南部町)が原産地で、色は白く表面に張りがあり、身が引き締まっていて、翌日まで臭いが残りにくいのが特徴です。福地ホワイト六片のおいしさの理由は土地に恵まれているところにあります。青森県・田子町の土壌は黒ボクの下層にゴロと称される火山灰土があり、水分の調整や、ろ過作用など作物に様々なメリットをもたらす他の地域には無い土層を有しています。気候にも適していて、日中は高温・夜間は冷え込み温度差が大きいのも田子町の特徴なのですが、その昼夜の激しい温度差が作物に対して甘味と美味しさをもたらす要因だとも言われています。

pic_garlic_003.jpg

ごま油

最高級・金印ごま油

各種調味料にもこだわり、最高級・金印ごま油。良質な胡麻を香ばしく煎り上げ、一粒一粒を丁寧に搾った香り高く風味豊かなごま油です。その他にも特選物の醤油・オイスターソース等を絶妙な分量で混ぜ合わせています。